FC2ブログ

不思議コメディーと東京の風景

おもいっきり探偵団 覇悪怒組 第2話『ぼくらの秘密基地』 ACT3

竹林寺の地下に秘密基地を作るため、ヒロシたちは行動を開始する。

H02-12a.jpg H02-12aN.jpg
店のフォークやスプーンを持ち出すサトル。練馬区役所裏にあったレストラン蔵の店内。

H02-12d.jpg H02-12dN.jpg
ススムはファミコンを持参する。板橋区内、ススムの家として使用されているロケセットの前の道。

H02-12e.jpg H02-12eN.jpgH02-12f.jpgH02-12fN.jpg
ヒロシとタケオは粗大ごみ置き場から、まだ使えそうな電気製品をいただいていく。
中野区上高田4丁目、妙正寺川沿いの一角。上の映像で遠景に見えているのは水車橋。また、粗大ごみ置き場に接するフェンスの右側にあるのは、かつて存在した上高田四丁目公園。下の映像、ヒロシの後方に見える建物は五階建ての旧都営上高田アパート。この一帯は後に区画整理が行なわれ、公園はなくなって上高田アパートも取り壊された。跡地はひとつの区画とされ、下の画像に写っている都営上高田四丁目アパート3号棟が建てられた。
なお、「忍者キャプター」第17話でも、ほぼ同じ場所がロケ地として使用されている。その映像が、この地の特定の手がかりとなった。「キャプター」第17話は モリリンさんのブログ で詳しく取り上げられているので、併せてご参照いただきたい。

秘密基地は完成し、5人(+シンスケ)のチーム名も“おもいっきり探偵団ハード組”と決まった。ヒロシたちは意気揚々と竹林寺の石段を駆け降りる。だがそこへ、魔天郎が現われた。魔天郎はヒロシにパソコン(キーボード)を返して走り去る。ハード組は自転車で追跡する。

H02-14a.jpg H02-14aN1.jpg H02-14aN2.jpg 
H02-14b.jpg H02-14bN.jpg H02-14c.jpg H02-14cN1.jpg H02-14cN2.jpg 
H02-14d.jpg H02-14dN1.jpg H02-14dN2.jpg 
H02-14h.jpg H02-14hN.jpg 
板橋区徳丸3丁目、板橋区立昆虫公園の隣にある階段。つい最近改修工事が行なわれ、手すりも取り替えられた。
改修前の画像は2017年5月、改修後は2018年3月に撮影したもの。

魔天郎を追いつめるハード組。しかし、魔天郎は気球に飛び乗ると、悠然と去っていくのだった……。

H02-15a.jpg H02-15aN.jpg
板橋区高島平9丁目。都営三田線西台駅の北側で、 「ロボット8ちゃん」第1話 でも使用された場所。
この画像はマンホールを写して雰囲気を合わせただけで、映像の撮影位置とは合致していない。雰囲気のみ味わっていただければ。

H02-15b.jpg H02-15bN.jpgH02-15d.jpgH02-15dN.jpg
下の映像、右側のマンションはハイラーク高島平。ここも「8ちゃん」第1話に映っている。

H02-15e.jpgH02-15eN.jpgH02-15f.jpgH02-15fN.jpgH02-15g.jpgH02-15gN.jpgH02-15h.jpgH02-15hN.jpgH02-15i.jpgH02-15iN.jpg
ラストカットに映る二棟の建物は、都営西台アパート7号棟と8号棟。
ハード組の俯瞰とラストカットは、数年前までこの場所にあった東京都交通局志村寮4号棟の屋上、または側面の階段から撮影されたと思われる。志村寮4号棟の取り壊し直前の貴重な画像が、 モリリンさんのブログ で紹介されているので、ぜひご覧いただきたい。
映像をよく見ると、ハード組が停止した位置と魔天郎を見送る位置が変わっているとわかる。また、空を見上げたハード組の目線の先にアパートは存在しない。映像のマジック、編集の妙を堪能できるシーンである。

「8ちゃん」第2話と第3話、「覇悪怒組」第1話と第2話を手がけ、不思議コメディーシリーズの全作品を演出したただひとりの監督、佐伯孚治氏は本年1月に逝去されました。謹んで哀悼の意を表します。
(撮影:2017年5月&2018年3月)

「おもいっきり探偵団 覇悪怒組」のロケ地は、 ロケ地まち案内 主宰のモリリンさんと共同で検証・特定作業を行なっています。本項の執筆に際しては、モリリンさんのブログ記事に依るところが大きく、他にも多大なお力添えをいただきました。改めまして、お礼申し上げます。

おもいっきり探偵団 覇悪怒組 第2話『ぼくらの秘密基地』 ACT2

登校中のヒロシたちは、純子先生に花束を贈って愛の告白をする落合先生(演・秋野太作)を見かける。しかし、純子先生は魔天郎に一目惚れしていて、あっさりフラれてしまう。

H02-08c.jpg H02-08cN.jpgH02-08d.jpgH02-08dN.jpgH02-08h.jpgH02-08hN.jpgH02-08j.jpgH02-08jN.jpg
いつもの通学路である前谷津川緑道。こちらは第1話とは反対側、板橋区徳丸6丁目。

放課後、ヒロシたちはカバンを各自の自宅に置くと、竹林寺の境内に向かう。
自転車で出かけるヤスコを弟のシンスケ(演・山本亮)が目撃し、不審に感じる。

H02-10a.jpg H02-10aN.jpg
サトル(演・中島義実)の自宅、レストラン・ボンボンは練馬区豊玉北6丁目にあったレストラン蔵。

H02-10b.jpg H02-10bN1.jpgH02-10bN2.jpg
タケオ(演・石井孝明)が自転車で渡る橋。三秒弱の短いカットで判別は難しいが、護岸の形状や川底の露出状態と川の水量、背後に見えるコンクリートフェンスなどから、中野区江古田1丁目の江古田大橋ではないかと思われる。ただし、車道にあるはずの停止線が映像では見えないため、絶対とは言い切れない。暫定でこの場所としておきたい。
画像は新青梅街道を挟んだ江古田公園から撮影したもの。この橋で正しければ、映像もこの位置から撮られたのではないだろうか?

H02-10d1.jpg H02-10d1N.jpg
H02-10d2.jpg H02-10d2N.jpg
ヤスコが自転車で走るのは、中野区上高田5丁目にある坂。 第1話 でヤスコが登校時に駆け降りてきた階段の反対側に当たる。
中CMの直前、映像はズームアップしてシンスケを捉えるが、画像は周辺の様子がわかるよう広めの画角にしてみた。

竹林寺。サトルの指笛で集結するヒロシたち。そこにシンスケも現われて、「僕もまぜて」とせがむ。

H02-11a.jpg H02-11aN.jpgH02-11b.jpgH02-11bN.jpgH02-11c.jpgH02-11cN.jpg
再び地福寺。新しい墓石の設置等により、映像と同じように撮るのは案外難しい。

ヒロシはシンスケを帰そうと説得するが、シンスケは反抗し「パパとママに言いつけてやる」と言って逃げる。ヒロシたちはシンスケを追う。

H02-11e.jpg H02-11eN.jpgH02-11h.jpgH02-11hN.jpg
H02-11j.jpgH02-11jN.jpg
ふたつ目の映像、遠景に映っている高架は東武東上線。

シンスケは境内を逃げ回り、本堂の床下に潜り込む。ヒロシたちが追いつめた時、足元の地面が突然陥没し、一同はそろって地中へと落ちてしまう。そこには戦時中に使われていた防空壕の跡があった。

H02-11l.jpgH02-11lN.jpg
本堂の建て替えにより、境内が縮小されているのがわかる。

H02シナリオ 
【シナリオと映像の差異について】
決定稿では、竹林寺で座禅を組んだ後にヒロシたちの会話のシーンがある。ヤスコはここでも「魔天郎は夢だ」と繰り返し、ヒロシと対立したまま別れる。そして翌朝、今度はヤスコが魔天郎に遭遇する。登校シーンにおけるヒロシのヤスコへの台詞「夢でも見たんじゃないの」は、この流れを受けると、より皮肉が効いているとわかる。
この回の前半パートは、映像では“ヤスコが魔天郎の存在を信じるようになっていく”という視点、すなわちヤスコの主観で撮られている。集団劇、グループ物の第2話としては間違ってないが、その描写は後半パートには継続されず、統一性にやや欠ける。一方、シナリオには“ヒロシがベッドで魔天郎のことを呟く”というシーンもあり、主人公視点の描写が全編において貫かれている(主人公の主観でストーリーを進行させるのはシナリオの基本なので、こうなるのが自然)。
今回掲載した“自転車で出かけるヤスコをシンスケが目撃する”という描写は、シナリオにはない。また、ラストシーンも、“魔天郎は竹林寺の石段の前で空へ飛び去っていく”という形で終わっている。この2シーンは、シナリオを正しく解釈した上で、映像として盛り上がるよう改変されている。
なお、竹林寺の地下での鉄兜と防空壕をめぐるやりとりは、シナリオには一切記述されていない。現場判断(恐らく監督の意図)で追加されたと思われる。

【付記】
本文でも触れましたが、“タケオが自転車で走り抜ける橋”は、まだ特定できていません。地元の図書館へ通って資料に当たり、かなりの時間をかけて調べましたが、確証は得られませんでした。この橋について何か情報をお持ちの方は、コメント欄等でご一報いただければ幸いです。

この項、ACT3につづく。
(文中敬称略。撮影:2017年5月&2018年3月)

「おもいっきり探偵団 覇悪怒組」のロケ地は、 ロケ地まち案内 主宰のモリリンさんと共同で検証・特定作業を行なっています。本項では、“タケオの橋”の検証に際し、さまざまな角度からの意見をいただきました。改めまして、お礼申し上げます。