FC2ブログ

不思議コメディーと東京の風景

ロボット8ちゃん 第1話『スーパーおじんのバラバラマン』 ACT1-2

バラバラマンに追いつめられた8ちゃんを、タケルたちがかばう。だが、8ちゃんはバラバラスパナから放たれた怪光線を浴びてダウンする。そこへ青井博士が現われ、8ちゃんの身元引受人であると告げる。バラバラマンは捨てゼリフを吐き、立ち去っていく。

A01-10a.jpg A01-10aN.jpg
A01-10b.jpg A01-10bN.jpg
A01-10c.jpg A01-10cN.jpg
長らくわからなかったこの印象的な場所は、調布市内の某所にあった東京電力の施設と判明。今や往時の面影はまったくない。バラバラマンやタケルたちの後方に見える白い建物は、少なくとも2009年までは存在しており、2014年の時点では撤去されている。
映像の撮影ポイントはもう少し(数メートルくらい)左だったと思われるが、街全体の雰囲気がわかるよう、画像はこの位置で撮ってみた。なお、現在ではご覧のような住宅街となっているため、住所等の詳細は伏せる。

「8ちゃん」第1話の主だったロケ地は、これですべて解明・特定できた。リスト化すると次のようになる。 

A01ロケ地リスト 
港区芝浦と海岸を中心に、京浜島、調布、新宿、高島平、戸田と広範囲に及んでいる。OP・EDの素材撮りも兼ねていたとはいえ、1本撮りの30分番組としてはかなりの労力と時間を費やし、丁寧に撮影されていたとわかる。
(ちなみに上記の場所、首都高以外はすべて巡りました。いずれも公共交通機関を利用して)

最後になりましたが、今回のシーンの検証と特定に際しては、仮面ライダーロケ地大画報 主宰のyart先生よりヒントとアドバイスをいただきました。yart先生の推理はほぼ正解といえる完璧なもので、大いに役立ちました。改めて、お礼申し上げます。
(撮影:2018年3月)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fushigitokyo.blog.fc2.com/tb.php/10-c30e7b65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)