FC2ブログ

不思議コメディーと東京の風景

魔法少女ちゅうかなぱいぱい! 第12話『レイモンドとチャーハン』 ACT2

ある雪の夜、ラーメンのまま行き倒れになったレイモンドは、チャーハンに助けられた。
チャーハンはレイモンドに恋をして人間になり、レイモンドもチャーハンに促され、人間になるためにチャーハンを恋した。こうして、レイモンドは元の姿に戻ったのだった。

K12-08a.jpg K12-08aN.jpg
板橋区徳丸5丁目にあった中華料理店の高嶺。2009年のストリートビューでは、別名義の店の営業が確認できる。現在は画像のような状態となっている。玄関マットをはっきりと見せるため、映像は道路を挟んで反対側のマンション2階から撮影されたと思われる。画像は地上階前の歩道から撮影した。

K12-08ex1.jpg K12-08ex2.jpg
“チャーハンがラーメンに毛布をかけ、湯たんぽとストーブで温める”場面。高嶺の店内かどうかは不明。ラーメンとチャーハンが見事な“演技”を披露する。一見の価値がある名シーン。

レイモンドとチャーハンの話をヌルハチから聞いたパイパイは、「中華魔界に帰って五目殿下のお嫁になり、玉の輿に乗るのも悪くない」と考える。パイパイは高山家にひそかに別れを告げる。そして、自転車で走るチャーハンを街で見かけた。

K12-09a.jpg K12-09aN.jpg
K12-09b.jpg K12-09bN.jpgK12-09c.jpgK12-09cN.jpgK12-09d1.jpgK12-09d1N.jpg
板橋区徳丸4丁目の坂。前述の高嶺があった場所のすぐ近く。

道路沿いのマンションから、チャーハンめがけて植木鉢が落ちてきた。パイパイは魔法でチャーハンを救う。

K12-09e2.jpg K12-09e2N.jpgK12-09g.jpgK12-09gN.jpgK12-09h.jpgK12-09hN.jpg
K12-09i.jpg K12-09iN.jpg
マンションとして使用されたのは、板橋区徳丸4丁目にある板橋区立徳丸けやき苑。

「自分とレイモンドは恋人だった……」と、パイパイはチャーハンに話す。重い空気がふたりを包む。

K12-10a.jpg K12-10aN.jpg
練馬区大泉学園町6丁目にあったレストラン・サンロイヤル。画像はACT1同様、空き店舗を窓の外から撮ったもの。ガラスの反射や景色の映り込み等はご容赦願いたい。
まだ精査はしていないが、不思議コメディーシリーズのロケ地としてこの店が使用されたのは、恐らく今回が初めて。続く「魔法少女ちゅうかないぱねま!」以降の作品でも何度か使われている。

パイパイはチャーハンに「五目殿下のお嫁になる」と語り、ふたりは別れる。
その直後、チャーハンの前に五目殿下(演・石井洋祐)が出現した。実はチャーハンは、五目殿下が送り込んだスパイだった。チャーハンを利用してパイパイに自分との結婚を決意させる、という五目殿下の作戦は成功した。役目を終えたチャーハンを、五目殿下は本物のチャーハンに変え、食べ始めた。

K12-11b.jpg K12-11bN.jpgK12-11c.jpgK12-11cN.jpgK12-11h.jpgK12-11hN.jpgK12-11k.jpgK12-11kN.jpgK12-11m.jpgK12-11mN.jpg
板橋区徳丸5丁目と6丁目をつなぐ前谷津川緑道。不思議コメディーシリーズではおなじみの場所。

食べかけのまま放置されてしまうチャーハン。それをヌルハチが見つけてパイパイに届ける。
瀕死のチャーハンは、自分は五目殿下のスパイであり、レイモンドは五目殿下の魔法で人間になったのだ、とパイパイに明かす。そして、「レイモンドは今でもパイパイを愛している」と言い残して絶命する。パイパイはチャーハンの亡骸を前に、涙を流す。

K12-12b.jpg K12-12bN.jpgK12-12c.jpgK12-12cN.jpgK12-12d.jpgK12-12dN.jpg
ACT1でも紹介した杉並区和田3丁目の蚕糸の森公園。
ふたつ目のカット、チャーハンの絶命は「命の灯が消えた」としか言いようのない出来栄え。比較画像はパイパイが涙を流しているベンチのアップ……なのだが、映像で確認できる質感の違いやライティングの関係から、実際には公園ではなくスタジオで撮影されたと思われる。ここはシャレのつもりでご覧いただきたい。

【解題】
「ペットントン」第30話『横浜チャーハン物語』を嚆矢とする“無生物の生物化”は、人形が主役の「どきんちょ!ネムリン」と「勝手に!カミタマン」を経て、描写のレベルが飛躍的に向上する。本エピソードはその延長に位置すると同時に、この路線の頂点と捉えていいだろう。
そもそも「ぱいぱい」では、レイモンドがラーメンに変えられるところから物語が始まる。“無生物の悲しみ”が作品の根底にあるわけで、“チャーハンの悲劇”というエピソードが生まれたのも必然だったと言える。
“凍えたラーメンがチャーハンに介抱される”“息も絶え絶えのチャーハンが真実を語る”という映像はシュールかつコミカルで笑いを誘う反面、本物のラーメンとチャーハンが演じているからこそ説得力があるのも確か。これを仮に生身の俳優が演じていたら、完成作品ほど魅力的にはならなかったはずだ。「チャーハンが五目殿下に食べられる」という衝撃的な描写も本物であるからこそ成立する展開で、設定と映像、映像とドラマが見事に融合している。
不思議コメディーシリーズにおける無生物の演技は、一般的には色物・キワ物として扱われがちだが、ドラマと密接に連動した表現として、もっと高く評価されても良いのではないだろうか。

K12レストラン・サンロイヤル跡 
レストラン・サンロイヤル跡。映像でも印象的な白い格子の窓枠は今もそのままです。新たな店舗としてオープンした際にはぜひ訪れ、内部から撮影したいと考えています。

この項、ACT3につづく。
(文中敬称略。撮影:2018年9月&10月)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fushigitokyo.blog.fc2.com/tb.php/18-38db9fc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)